【粉石鹸で楽しく快適洗濯!】ミヨシ粉石鹸そよ風レビュー

暮らし

こんにちは!

子どもの出産を機にせっけん洗濯を少しずつ始めたキリンゴです(^^)/

ついに粉石鹸にチャレンジしました!!

その記録と使用して気付いた事を記載したいと思います。

スポンサーリンク

粉石鹸を使いたかった理由

Woman pouring laundry detergent from measuring container against blue background, closeup. Space for text

粉石鹸といっても沢山種類があります!!

様々なメーカーから出ているので、どれから試してみようか悩みに悩んでました😂

お試しサイズの少量タイプが売ってあれば良いのに~✨と思います!

なぜ液体石鹸ではなく、粉石鹸を使いたかったかというと…

コスパが液体石鹸より良い

簡単に言えば液体石鹸は粉石鹸を水に溶かした状態の商品です。

洗濯時に溶かす手間が無いというのはとても魅力的なんですが、水分で薄めている分1回の洗濯で結構な量を必要とします。

一般的な合成洗剤は洗浄成分を”濃縮”してあります。

そのため、以前使っていた洗剤の倍位の分量が必要なので、洗剤の減りが早く感じました。

私が購入したみよしの商品で粉石鹸と液体石鹸を比較します。

液体石鹸は1100㎖で約770円

子ども3人と大人2人の洗濯で

1ヶ月経たずに使いきりました。

粉石鹸は2.16㎏で約720円

1ヶ月とちょっとで使いきりました!

何十円かの違いですが、長期的にみると差が出ます(^^)

粉石鹸の方がコスパ良しです♪

洗浄力が高い

先程、液体石鹸は石鹸を水分で薄めた物と説明しました。

粉石鹸は石鹸成分が90%以上!

液体石鹸は約30%程と言われます。

※30%以上濃くなると石鹸成分が固形に分離してしまう。

石鹸成分は、汚れを落とす洗浄成分なので、粉石鹸の方が格段に洗浄力が高いです!

気になっていた”におい”

粉石鹸を始める上で私が一番悩んでいたのが、石鹸のにおいについて!!

粉石鹸は動物性油脂を原料に作られた物が多いので、粘土のような特有の香りがするイメージが強いです。

先日、某子供用品店で”アラウベビー”というの洗濯用の液体石鹸を購入しました。

上の子達が小さい時も使用していた洗剤だったので、「これなら大丈夫!!」と満を持して購入したのですが…

めっちゃ粘土臭😱!!!

主人は気にならないみたいでしたが

私はこの匂いが特に苦手なようです。。

しかし、今まで同じ商品を使用しても大丈夫だったのにナゼ??

調べてみると、この特有の香りは石鹸の中の油脂成分が酸化したニオイでした!

今まではAmazonやドラックストアで購入していました。

しかし、今回購入したのはベビー服が中心のお店で、洗剤は他店と比べると割高(妊娠中でハシゴがキツかったので一緒に購入。笑)

そのため洗剤は売れにくく商品の回転率が悪い。

製造してから割と時間が経っていたと思われます。

すると、商品が酸化してにおいが発生していたと考えられます( ノД`)

そんな失敗があって余計に粉石鹸に手を出せずにいました。

が!!

みよしの液体洗剤が大丈夫だったので、この勢いで粉に挑戦してみることにしました☆

結果は…

全く粘土臭ありませんでした!

むしろ懐かしいとても良い香りです✨

洗濯時間がとても幸せに感じます♡

ただ、商品の状態によっては酸化している場合もあると思うので、覚悟して使っていきたいと思います!

Amazonさんでは今のところ大丈夫です♪

石鹸カス対策

液体石鹸でも水温が低い真冬に洗うと出ていた石鹸カス

粉洗剤では毎回黒いシャツに真っ白の石鹼カスがっ😭

多少なら良いのですが、日によっては全面に粉をふいた状態…

なかなか心折れます(;^ω^)笑

でも粉石鹸が使いたいー!!

という事でよく言われる対策方法を試してみました。

  1. すすぎを2回にする
  2. 石鹸をよく溶かす
  3. 水温を上げる
  4. 粉石鹸ネットを使用する
  5. すすぎでクエン酸を入れる。

1.すすぎを2回にする

これに関しては以前のブログで紹介した洗濯ブラザーズさんが言われていたので、すでに実践していました。

改めて我が家の洗濯機を観察して気付いたのは、すすぎの水が少ないこと!

洗濯コースの”洗い”に比べて”すすぎ”の水量は7割程。

節水の面では大変優れてますが☺

3回すすぎにするべきか!?他の対策を試してからと保留にしました。

ということで、すすぎの回数を2回にしても石鹼カスはついてました!

2.石鹸をよく溶かす

石鹸洗濯の基本!

溶け残りに注意する。

水が30ℓほど溜まった時に粉石鹸を投入し、”洗い”コースで3~6分回してよく溶かし

分量の水量まで水を入れてから、洗濯物を入れて回す。

という流れで洗濯してみました。

面白いほど泡立ちます!

しかし、石鹸カスは減りませんでした。

3.水温をあげる

洗濯槽に直接お湯を入れて洗濯。

上記の方法で洗剤は良く溶かしてみました。

これも石鹸カスは変わらずでした。

4.粉石鹸ネットを使用する

シャボン玉石鹸で販売されている商品!

中に粉石鹸を入れて、ポイっと投入。

水に浮きます。

溶け残った石鹸が洗濯槽に溜まる心配がありません!

これも割と良い感じに泡立って洗えるのですが、石鹸カスの解消には至りませんでした!

ただ、溶け残りの石鹸が底で塊になって、カビの素になるのを防げるので安心して洗濯できます♪

おススメ品です。

洗濯用 粉石けんネット(シャボン玉)

5.すすぎでクエン酸を入れる

一番効果があったのはクエン酸でした!

すすぎ2回目にクエン酸小さじ1を水大さじ1で溶かした液を投入します。

我が家はトイレ掃除にもクエン酸スプレーを使用するので、スプレーボトルにクエン酸水をまとめて作ってます。

すすぎ2回目に止め忘れが多いので、柔軟剤投入口に入れて洗濯機にお任せしてます☆

クエン酸を入れ始めてから石鹼カスがほとんど気にならなくなりました!

石鹸のアルカリ性をクエン酸の酸性で中和してくれるので石鹼カスが出にくくなります。

しかも、洗いあがりがよりふんわりするので、気持ち良いです♪

まとめ

まだ始めたばかりの粉石鹸洗濯

一年近く悩んでやっとスタートしました。

試行錯誤すらとても楽しく快適です☆

便利な商品も沢山ありますが、シンプルにふわふわの泡で洗濯するのがとても気持ち良いこの頃です!

まだ洗濯槽のカビ問題や冬の洗濯はどうする?

など悩みもありますが、いろいろ試しながら使っていきたいと思います。

我が家はミヨシ石鹸から使用し始めました。

初めて石鹸洗濯される方はみよしのそよ風のように、”アルカリ助剤”が入っている石鹸が泡立ちやすくておススメですよ♪

洗濯槽をキレイにするように意識し、石鹸洗濯に変更したことでタオルの生乾きのニオイがほとんど無くなりました!

2か月使用して、白色衣類のくすみも特に気になりません!

くすみや黄ばみが気になる時は、酸素系漂白剤で一発キレイです☆

そんな感じで、より簡単に日々の洗濯を楽しめるように工夫していきたいと思います♪

📚石鹸洗濯が原理から分かりやすく説明されている

おススメ本↓

参考になる所があれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本日も皆さんにとって素晴らしい1日になりますように

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました