【酢でさっぱり!】簡単な梅シロップの作り方

料理

私にとって梅干しや梅ジュースは、母や祖母の懐かしい味☺

手をかけて楽しむ梅仕事はどこか懐かしい、心地よさを感じます。

そんな毎年楽しみの梅仕事!

今年も青梅で梅ジュースのシロップを作りました。

梅仕事の中でも手間が少ない梅シロップ

その作り方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

準備する物

  • 保存瓶
  • 青梅・・・1kg
  • 砂糖・・・1kg
  • 酢・・・・100㏄

レシピ

①保存瓶を消毒する。

熱湯消毒でもアルコール消毒でもどちらでも良いです☺

②梅のヘタを取る

③梅を洗って水けを切る。

※自然乾燥もしくは、ふきんで1個づつ拭きます。

④保存瓶に梅と氷砂糖を交互に並べる。

※一番上に氷砂糖がくるように並べましょう!

③最後に酢を回しかける。

作る工程は以上です!!

徐々に水分が上がってきます(^^)

後は1日1回瓶を傾けたり回して、溶けたシロップが梅全体にまわるようにします。

氷砂糖が溶ければ飲めるようになります!

約3~4週程です。

今は昔からある保存瓶ですが、こんなオシャレな瓶に漬けるのが夢です~☆

飲み方

シロップ1に対して、水や炭酸水4で割って飲みます。

約4倍に薄めて下さい(^^)

私は酸っぱいのが大好きなので、少し濃い目に割ります。

逆に長男は酸っぱいのが苦手なので、薄めに割ります。

薄めだとシロップの甘みの中に、梅の優しい風味があって柔らかく爽やかな梅ジュースになります。

濃い目は、目が覚めるようなガツンとした梅ジュース

身体の疲れ具合に合わせて調整するのも楽しいですよ☺

梅のクエン酸で疲労回復を!!

特に夏場の熱い時間帯に外出した後は、梅ジュースでさっぱりできます。

体温を下げてくれますよ~☆

熱中症対策のミネラル・塩分補給一つまみ天然塩を加えてみるのも良いと思います♡

いろんなバリエーション

青梅?完熟梅?

青梅でも完熟梅でもどちらでも作ることが出来ます!

青梅・・・さっぱり味

完熟梅・・フルーティな味

ただ、完熟梅は発酵しやすいので注意です!

冷暗所に置いて、毎日しっかり瓶を振ります。

発酵すると、酵母菌が糖分を分解してしまうので風味が落ちてしまいます。

発酵=腐敗では無いので、飲むことは出来ます!

加熱して発酵を止める方法がありますが、私は発酵してきたら早めに梅を上げて、冷蔵庫に入れてしまいます。

発酵が進んでもシュワシュワ微炭酸で美味しいですよ☺笑

きび砂糖?氷砂糖?

最近はきび砂糖で漬ける方も見かけます!

きび砂糖の方が身体に優しいというのもあるかもしれません(^^)

きび砂糖でもできますが、ぎゅっと梅の風味を引き出してくれるのは氷砂糖!

ゆっくり溶けて、梅のエキスをしっかり出してくれるそうですよ☆

ただ、きび砂糖に埋もれた梅もまた可愛くて…

いつか両方試して飲み比べてみたいと思います!

生梅?冷凍梅?

生梅の方はエキスが出るのがゆっくり

その分梅の風味がよく出るそうです(^^)

より手ごろに早くつけたい方は、冷凍梅がおススメです!

冷凍梅はエキスの上りが早いので、出来上がりが早いです。

また、梅は置いておくだけで追熟してしまうので、梅を入手してすぐに漬けることができない場合は冷凍庫に保存!

準備が出来たら漬ける!

無理なく梅仕事を楽しめれば良いなと思います☺

まとめ

梅シロップの製作工程は材料を次々入れていくだけ!

後は徐々に上がってくるシロップを楽しみながら、毎日瓶をフリフリします♪

簡単な梅仕事の1つです!

そして出来上がる梅ジュースは夏の暑い時期に最高の一杯です!

かき氷のシロップ代わりにも使えます。

今は授乳中でお酒を飲めないので、炭酸で割った梅ジュースをアルコール代わりに飲んで楽しむことも出来ます♡

作る時間も飲むのも楽しい梅シロップ作り!

梅が手に入った時は試してみてほしい一品です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本日も皆さんにとって素晴らしい1日になりますように

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました