【お手入れを簡単に】繰り返し使える仮置きマスクケース

暮らし

マスクがまだまだ必需品な世の中ですね。

外出先で飲食する際など、着用しているマスクを外す時どこにしまっていますか?

ポケットやバックの隅に入れる方も多いかもしれませんが、マスクに付いているウイルス等の事を考えると扱いを慎重にしたい所です。

私は今までは2つ折りの布制マスクケースを利用していました。

しかし!

マスクケースって毎日必ず使用する物では無いから使って洗濯し損ねたり、洗うために出してしまって使いたい時に持って行って無かったり…

基本ズボラな私は上手に活用することが出来ていませんでした。

そこで「そもそも毎回洗濯する必要が無いマスクケースを作ろう!!」と思い立ち

お手入れが簡単なマスクケースを制作することにしました。

スポンサーリンク

ビニールコーティングの生地

本体は”ラミネート生地”と呼ばれる綿の布にビニールコーティングした生地を使用しました。

そのため、普通の生地より汚れに強い!

簡単な汚れはウエットティッシュで拭き取ればキレイになります。

”ラミネート生地”で検索すると沢山柄がでてきますよ♪

ズボラさんにオススメ簡単お手入れ

このラミネートの生地の撥水性の特徴を利用して洗わないお手入れを考えました。

外も内側もラミネート生地を使用しています。

洗濯するのではなく、アルコール綿等で拭き上げれば繰り返し利用可能と考えました!

本体にはホックが付いているので、バックに下げておけます。

そして、外出先で利用したら帰宅した際にバックから外さず、アルコールをシュシュっと振りかけて除菌すれば完了です!

次に出かけた時に「持って行き忘れた!」という事も防げます。

しかし!目に見えないウイルス。

アルコール除菌だけで繰り返し利用して大丈夫?と不安に感じますよね。

ちゃんと洗うこともできます!

優しく手洗いをして、風通しの良い所で良く乾かせばOKです。

ただ、洗濯機で洗うとビニールコーティングが浮いてしまうので注意が必要です。

2つ折りの仮置きマスクケース

2つ折りにしたマスクを収納するタイプです。

立体マスクも入るようにサイズを約14.5×14.5cmの形にしました。

まとめ

今まではマスクが必要な期間は一時的なものだと考えて、何となく不便だなと思う事も我慢していました。

しかし、まだまだマスクが必要な場面がある生活は続きそうですよね。

せっかくなら自分が使いやすく、楽しく利用できる物を取り入れたいと思ってマスクケースを制作しました。

新作としてリノアミコーヒーさんにも納品しています😆

気候が良くなってきたので、ドライブついでにコーヒー飲みながら覗いてみてください♪

リノアミコーヒーさんの記事はコチラ

自分でマスクケースを制作しようと思っている方にも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

本日も皆さんにとって素晴らしい1日になりますように。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました