【絶品!!】こだわりぬかれた野菜のお菓子

佐世保

どうも~最近子どもが生まれました。うっみーです(*^^)v

出産祝いに頂いたお菓子がとっても美味しかったのでブログ書きます。

純菜菓子 やさいのカリカリ

長崎県西海市にある『村の菓子工房』で作られるお菓子。

『南瓜』『ほうれん草』『ごぼう』『人参』『玉ねぎ』『さつま芋』の6種類。

お値段は一袋324円(税込み)とお菓子にしてはなかなかな金額ですね。

プレゼントしてくれた方に感謝です。

住所

  • 〒851-3504
  • 長崎県西海市西海町木場郷496-7
  • TEL/FAX 0959-32-2100
  • OPEN 10:30~17:00
  • CLOSE 月曜日(日曜不定)
  • Instagram⇒『mura_kashi_』
  • ネットショップ⇒https://muraho.thebase.in/

コンセプト

『日々のおやつに、みんなで一緒に食べて頂きたいお菓子です。』とのこと。

  •  小さいお子様おじいちゃんおばあちゃんまで
  •  健康志向の高い方へ。
  •  菜食主義の方。グルテンフリーの方。
  •  お子様はおやつに。大人はおつまみに。
  • 植物性の食材でできている。(卵・乳製品・小麦粉・白砂糖不使用。)
  • ノンフライ、油で揚げていない。(オーブンで丁寧に焼いている。)
  • 長崎県産のお野菜のみ使用。(材料の30%~40%は野菜。)

ってな感じの商品。

めっちゃこだわってる~。

野菜の素朴な味がするんだろうな~。

って食べる前に思ってました。

私が食べたことのある野菜のお菓子ってだいだい

「あ~なんか野菜の味やね。」ってぐらい印象。

試しに1つ『ごぼう』を開けてみるとこんな感じ。

ニオイはごぼうです。

ここまでは「あ~野菜の素朴な味のやつやね」ってな感じ。

実際に食べてみました。

ん!??

ごぼうの味めっちゃするやん!!

旨味がすごい!!

ごぼうのダシ??

食感も硬すぎず、軟過ぎずカリカリと歯ごたえが溜まらん!!

たとえるならかっぱ「えびせん」より硬くて「じゃがりこ」より軟らかい。

これなら子どもだけじゃなくて、じいちゃんばあちゃんも食べれる。

いったいどんなやって作ってるの??

  1. 原材料の40%程度を占める野菜。長崎県産(可能な限り西海市産)を使用している。
  2. 佐賀県産の米粉、北海道産の甜菜糖などの原料を混ぜたものをすり潰した野菜に少しづつ加えていく。
  3. 北海道産馬鈴薯でんぷんを加えていく。
  4. 特定原材料7品目を持ち込まない専用の工房で作っている。(※特定原材料7品目とはアレルギー物質でも患者の数が多い乳、卵、小麦、小麦、えび、かにと、重篤な症状に至ることが多いそばと落花生の事をいいます。)
  5. 機械だけでなく、手作業も行い混ぜ残しがないかなど、丁寧に根気強く混ぜ合わせていく。
  6. 混ぜ合わせた材料をオーブンの容器に絞り出し、食べやすい大きさにカットしていく。
  7. オーブンに入れ、こんがり優しい色合いになったら出来上がり!!

スポンサーリンク

やっぱりめっちゃ手がかかってる!!

口に入れた瞬間から「うまい!!」ってなりますもん(^^)/

我が家で食べたときはものの数秒で完食♪

金額的に高くても納得です。

パッケージもシンプルでとてもかわいいですね!

長崎デザインアワード長崎賞を受賞されているそうです。

最後にとってもおいしい理由をもう1つ。

実はこの「やさいのカリカリ」

長崎県特産品新作展最優秀賞も受賞している商品なんです!!

しか~も!!長崎県のふるさと納税商品でもあります!!⇒コチラから

最後にこれだけ伝えさせてください!!

この商品は低アレルギー商品です。

アレルギーを持っている子供と一緒に美味しいお菓子を食べたい方は

食べてみてはいかがでしょうか??

きっと、この商品を作った方の愛情とともに素晴らしい時間を過ごすことができると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今日も良い1日になりますように☆彡

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました