るろうに剣心の大友啓史監督&佐藤健主演映画!!”億男”で気付いた事

暮らし

億男は映画『るろうに剣心』シリーズを手掛けた大友啓史監督と同映画で主演を務めた佐藤健さんが主人公、主人公の親友役に高橋一生さんが出演する作品です。

タイトルで分かるように”お金”が題材の映画!

Amazonプライムで無料で観れたので何となくつけたら、冒頭から引き込まれました!

内容もとても気付きの多い作品だったので、感じたことをまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

登場人物と一緒にお金の認識が変わる!

作品の中では主人公が出会っていく登場人物から、お金に対する認識を変えるような話が次々に出てきます。

それによって、主人公のお金に対する感覚がどんどん変化していくのですが、

主人公の変化と同時に、自分自身のお金の認識にも気付きや変化の嵐が起こりました。

映画が終わる頃には何か変化を感じられると思います。

お金のブロックに悩む人にオススメ!

「あなたにとってお金とはどんな物ですか?」

1人1人違う沢山の答えがありますよね。

”持ちすぎると良くない”

”人をダメにする”

そんなネガティブな印象を持っている人も割と多いと思います。

友人からプレゼントを貰う時にモノだと受け取れるのに、お金だと「いやいやいや…!」と遠慮してしまいませんか?

私だけでしょうか😂

人生の中でみてきた親の言動や生き方、映画やマンガの話、実体験、それらを通して様々なお金に対する思い込みがあります。

この映画の中に出てくる人達を通して、ちょっと行き過ぎた思い込みに気付くヒントが沢山隠れているように感じました。

観る人の価値観で共感部分が違う!

主人公が出会っていく登場人物達は、大金を手にしたことがある人達です!

庶民の私は主人公に近い人達の気持ちや言動に共感し気付きがありました。

しかし、大金を手にした経験がある人達はお金持ちの登場人物達の思いや考えが分かったり、共感できるのかなと思いました。

観る人によって気付きを得る対象が異なると思うので、感想をシェアしてみたいですね♪

また、話の中で落語が繰り返し出てきます。

これも私は落語に詳しくないのでよく分からなかったのですが、出てくる落語もお金にまつわる話なのかな!?と勝手に想像しています!

詳しい方は分かるかもしれません(^^)

まとめ

何よりイケメン2人と演技がすごくて引き込まれていきます。

皆さんそれぞれ濃いキャラクターなのですが、途中で登場する藤原達也さんの演技ときたら、もぅ圧巻です!!!

ザワザワ・・・・と聞こえてきそうです😂笑

映画の中で何回か「お金は紙です」と言われてました。

お金自体は人を裏切ったりしないのに、お金に囚われてしまっていると”お金が意思を持って動いてる”感覚になってしまいます。

あくまでお金は”ツール”であって、人生の中心は自分自身!

お金に振り回されて大事な選択を間違わないようにしたいです。

現実社会を生きていく上でお金は必要な物なので、無いと困るんですけどね!!

そして、お金があったら幸せではなく、今この瞬間幸せを感じること

”今この瞬間を幸せだと思えないと、お金が沢山あったとしても幸せになれない”

幸せ=お金ではない!!と改めて強く実感する映画でした。

同時に私たちはお金の先入観をや思い込みを沢山沢山もって生きているのだな…と考えさせられました。

ぜひ一度観てみると面白い気付きがあると思います!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本日も皆さんにとって素晴らしい1日になりますように。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました